自覚ある人必見!部下を傷つけない「悪いニュース」の伝え方【成長させる𠮟り方】

こんにちはPayPay払いでおなじみことペイです。

悩み
・部下に厳しいことを言わなければならない
・上司にトラブルを伝えないといけない
・部下、上司を傷つけたくない

記事の内容
1. 【ダメな話法】No But話法
2. 【グッド話法】Yes But話法
3. 【グッド話法】Yes And話法
4. 【グッド話法】Yes How話法
5. まとめ

部下に厳しいことを伝える、上司にトラブルを報告しなければならないことがあると思います。誰もが「悪いニュース」を伝えるのは気が進まないものです。そういった悩みを少しでも解決します。

1. 【ダメな話法】No But話法

グッド話法をお伝えする前に、まずダメな話法をお伝えします。それは、「No But話法」です。

「最近、遅刻が多いようだね。せっかく、売上成績が上がってきているのに残念だよ」
最初に「悪いニュース」を伝えて、あとから「ポジティブな内容」でフォローする話法です。

「悪いニュース」をストレートに先に伝えると、相手は精神的にショックを受けるので、後半の部分の話は、新幹線のように右の耳から左の耳に通り過ぎていきます。

その後、いくらフォローしても、相手には全く伝わっていません。ネガティブな印象だけ与えて、相手を落ち込ませる話法になります。

このパターンでストレートに伝えてしまう上司は多いはずです。しかし、これでは部下の信頼を失ってしまうだけでなく、上司からもいい顔をされません。

2. 【グッド話法】Yes But話法

「悪いニュース」を直接伝えないで、一旦クッションをいれる。それが、「Yes But話法」です。

「最近売上成績が上がってきているみたいだし、すごく頑張っているね。ただ、遅刻が多いのは問題だな。時間厳守で頼むよ」

まず、ポジティブな内容を伝える。相手の良かった点、長所、メリットなどを伝えてポジティブな雰囲気を伝えてから「悪いニュース」を伝える。「No But話法」を逆にするだけでも、相手への心理的ストレスは相当軽減されます。

3. 【グッド話法】Yes And話法

さらに優しく伝えたい場合は、「プラスの情報」「プラスの情報」を上乗せする「Yes And話法」というものがあります。

「最近、売上成績も上がってきているし、すごく頑張っているね。さらに時間厳守できると最高だな」

叱る、欠点を伝えるのではなく、「してほしい」「できるといいね」と付け加えると、かなりマイルドになります。

4. 【グッド話法】Yes How話法

もっと優しく伝えたい場合は、「Yes How話法」があります。

「最近、売上成績が上がっているし、すごく頑張っているみたいだね。どうすればもっとよくなるか一緒に考えてみよう」

「悪いニュース」を直接伝えずに、疑問形式で、本人に考えさせるパターンです。結果として、「遅刻を減らして、時間厳守したい」と本人に言わせるのです。

人間の行動を変えさせるには「気付き」が必須です。相手に「悪いニュース」や短所、欠点をストレートに伝えると、「そんなに遅刻してませんけど」といった否定的な感情が沸き上がります。

こうなってしまうと、上司のアドバイスを素直に受け入れることが難しくなります。

本人に気づかせることを目的とした「Yes But話法」は、部下の行動の改善させる効果の高い方法だといえます。

5. まとめ

相手を傷つけずに「悪いニュース」を伝えるには、ストレートに伝えない、No But話法を使わないだけでも、相手の抱く印象は変わってきます。もし、自分の伝え方にトゲがあるなと感じている方は是非、「グッド話法」を試してみてください。あなたに対する印象がガラッと変わるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です