【体験】Timee(タイミー)で軽作業してきた。その実態とは…

こんにちはPayPay払いでおなじみことペイです。

タイミーと言えば、橋本環奈さんがCMを務めているという事もあり、気になっている方も多いでしょう。

今回は、実際にタイミーで就業してきましたので、 実際の仕事内容、メリット・デメリットを紹介していこうと思います。

アルバイト概要

大学内での運搬作業がメインのバイトになります。

アルバイト内容

アルバイト決定から終了までの流れ

僕は、就業の1日前に登録しましたが、あっさり決定しました。

前日でも結構いいバイトがあるので、暇なときにチェックしてみると、掘り出し物が見つかるかもしれません。

決定して後は、特に連絡もなく、次の日、現地に集合し、タイミーのQRコードを読み込んで、就業という流れになりました。

結果的に僕が就業したところは、今までで一番楽なバイトでした。

作業内容としては、書籍の入った段ボールの移動と段ボール作成という、とても簡単な作業でした。

体感、バイト時間の半分はほぼ休憩といっても過言ではありませんでした。何もしていない時間があったり、休憩の頻度が多かったりと、アタリのバイトでした。

休憩は午前中に30分、お昼休憩1時間、午後休憩30分とかなり長かったです。お昼以外の休憩は時給に換算されてているので、心置きなく休憩できました。

さらには、40分以上前に仕事が終わり、早上がりすることができました。

もちろん、給料から引かれる事はありません。

最後に、QRコードを読み込んで現地解散です。

タイミーのメリット

即入金

1番のメリットは、終了時のQRコードを読み込んだ時点で、給料が振り込まれた点です。

今すぐ、「お金が必要」といった方には最高のシステムになっています。

面倒な手続きがない

一切の電話、面接、メール、面倒な手続きが必要ない点で、使って良かったなと感じました。

バイトの評価が分かる

タイミーの凄い点として、実際にバイトをした人のレビューを見て、事前に仕事の内容、雰囲気を掴むことができます。

事前に、評判のいいバイトを選ぶことで、初めてでも安心して働くことができるので、とても助かります。

僕が今回バイトしたところは、good率99%でした。

また、タイミーでは、企業側だけではなく、バイト側にも評価される仕組みがあります。

企業側は業務終了時に、バイトの勤務態度を評価します。よっぽどひどい態度を取らなければ下がることはありません。

企業側はグッド率を参考に採用するかを決めている場合が多く、評価が低いと、採用される確率が低くなります。

また、就業当日にドタキャンすると、ドタキャン率が上がったり、一定サービスの利用ができなくなるので気を付けましょう。

タイミーのデメリット

仕事が限られている

本当はもっと利用したいのですが、仕事の内容が限られています。

特に多いのが、デリバリー関係、コンビニスタッフ、荷物の積み下ろしの作業が多くの仕事を占めています。

もちろん、タイミングが良ければ他にもバイトがありますが、そういったバイトはすぐに埋まってしまうため、なかなk応募できません。

上記のバイトをしたことがある人は、むしろ好都合かもしれませんが、経験者限定のバイトなのでそれ以外のバイトが少ないです。

都市から離れるほど仕事が少なくない

2018年8月のサービス開始から2年しか経っておらず、まだまだ都内でのバイトが地方のほうと比べると少ないです。そのため、都内の方まで行く必要があります。

交通費は出るところもあれば、出ないところもあります。出ても500円の交通費なので、遠くなればなるほどお金がかかります。

しかし、これからもっとバイトの数が増えてくると思うので、期待しましょう。

まとめ

初めてタイミーを実際に使用しましたが、初心者でも安心して働ける、素晴らしいサービスだと感じました。

さらに拡大していければ、今よりも働きやすい環境になるんじゃないかと思います。

短期ですぐに働きたい人、お金が今すぐにでも欲しい人、時間があるから暇つぶしにバイト入ろう、といった方にとって最高のサービスだと思います。

しかし、現状バイト先が限定的か良いバイトはすぐに埋まってしまうので、そこを改善してもらえればより良いサービスになると思います。

是非、一度試してみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です